投稿日: 2018/10/27

DiEGO表参道

松藤孝一 個展 -世界の終わりの始まりー11月10日(土)- 12月15日(土)
水/木 13:00-18:00
金/土 13:00-20:00
日/月/火 休廊 祝日開廊
※11月17日(土)は休廊致します

光が強ければ、影もまた濃い。
(中略)
危険な光を内包するウランガラスの都市は、禍々しくも美しく、見る者を魅了する。生と死、破壊と再生、繰り返される終わりと始まりの物語と、我々が手にしたものの対価という濃い影を背後にまとって。
                 米田晴子
     (石川県能登島ガラス美術館 学芸員)

ブラックライト(紫外線)を当てると緑の光を放つウランガラス。平成が終わろうとする頃、美しくも妖しい「未来都市」が表参道のDiEGOに出現します。ぜひご高覧下さい。

松藤孝一
1973年長崎で生まれ、高校まで佐賀で育つ。
1995年愛知教育大学卒業後、財団法人ポーラ美術振興財団の在外研修助成により渡米。
2001年イリノイ州立大学美術学部修士課程を修了。
2011年からウランガラスを用いた作品を発表。
デンマークにあるエベルトフト・ガラス美術館よりホルメガード賞を受賞するなど国内外で作品を発表。
現在、富山を拠点に活動。

http://www.koichimatsufuji.com/